history

沿革

High Q はオーストラリアとイギリスに拠点を持ち、2003年よりIRATA の講習開催会員及び実行会員を務めています。2008年にはオーストラリア政府の支援のもと、日本で現地パートナー企業との合弁会社設立の機会を探るため経営陣がに日本を訪れました。その目的は、IRATAメソッドの導入しロープアクセスにおけるより安全な作業手法を確立することでした。この難題に対しては、東京の高所特殊作業の顔ともいえる株式会社ルナビルメンテナンスが対処していました。その後4年間、IRATA の認知度とその知識ベースを普及させるべくルナビルメンテナンスとHigh Q はともに協力し、100人を超える数のロープアクセス作業員に講習を行ってきました。またこの頃、ルナビルメンテナンスはIRATAレベル3試験に日本で最初の合格者を輩出し、IRATA企業会員になるというルナビルメンテナンスの目標において更なる前進となりました。High Q のコンサルティングによるサポートもあり、2012年にこの目標は達成されました。またHigh Q はこの頃、兵庫県のトーアス株式会社と間に日本で2番目となるパートナー提携を結びました。IRATA 技術と講習の導入は迅速に行われ、この提携もまたトーアスを日本で2番目のIRATA企業会員となることにつながりました。トーアス、ルナビルメンテナンスともに、実行会員および講習開催会員として活躍され、引き続きHigh Q をIRATAに関するコンサルタント及び相談役として活用いただいています。

History

High Q have branches in Australia and the UK and have been IRATA training and operating members since 2003.

In 2008 with the assistance of the Australian government, the directors travelled to Japan seeking interest in forming a joint venture with a local partner.

The goal was to develop safer practices in the rope access community by introducing IRATA methods. This challenge was met by Tokyo hi-rise access icon, Luna Building Maintenance.

Throughout the next 4 years Luna Buil (LB) and High Q worked together to spread IRATA’s identity and knowledge base, successfully training over 100 access workers. During this time, Luna also gained Japan’s first crop of IRATA level 3’s, a benchmark that was enhanced even further by LB’s commitment to become an IRATA member company. This was achieved with the assistance of High Q in a consulting role in 2012.

Since that time High Q created its second partnership, this time in the Hyogo region with local identity, Toasu Ltd.

The uptake of IRATA techniques and training was swift and today this partnership has developed once again in to the birth of Japan’s second IRATA member company Toasu Inc. Both Toasu and Luna Buil now enjoy operating and training membership and continue to utilise High Q as a consultant and advisor in relation to IRATA matters.